ベトナムホーチミンのクラブ市場 海外クラブ事情 2017/9

ベトナム戦争終結から、43年。

ベトナムのGDPは、2000年あたりから急激に伸び始め、6.6%の成長。全人口の世代ピークが20歳後半ということもあり、都心では活気があふれています。

特にここ3年間のベトナムの発展は日本の高度成長期にも勝るものがあります。

今、ベトナム南部ホーチミンで30ほどのクラブ(アングラを含むとさらに数が存在)があるのですが、現在人気と言われているENVY CLUB とCANALIS CLUBをご紹介します。

ENVY CLUB

天高(天井が高い)物件に大型LEDやホールを取り囲む歪曲したLEDが特徴的なクラブです。

vipの為の作り込みが良くされているといった印象のクラブです。ボトル価格も高くなく、誰でもボトルを入れvipに入ることができます。

ボトルの入れた際の演出も派手でVIPかんを楽しむことが出来ます。

CANALIS CLUB

お店中央のLEDと側面の変形LEDが特徴的なお店の作り。

光の演出にもこだわりが見える店舗。

ベトナムの音楽事情でいうと、ベースのコード進行が変わらず、上物の音が変化していく特有のジャンルがあります。

アジアMIX

Copyright © 2018 DGX-japan(FND Co.,Ltd.) All Rights Reserved.